タグ:夏休み ( 3 ) タグの人気記事

9月

9月の声を聞くと、今年もいよいよ後半戦に入ったと身が少しだけ引き締まる。

今年の夏は、というより今年の夏もと言った方が正しいが、旅行なし、行楽地なしであっという間に終わってしまった。お盆も息子のサッカーの練習が休みなく続いたので、郷里に帰ることも出来なかったし・・・・というのはいつもの虚しい言い訳か。息子に夫と2人で「一日だけ練習を休んでどこかへ行こうよ」と何度か誘ってみたが、「僕は練習、休まないよ。2人でどこかへ行っておいでよ」と寂しい返答が帰ってくるだけ。彼の意志は案外強い。娘も帰省しなかったし、子供たちがジワジワ巣立ち始めていることを感じるこの頃だ。そこで息子の言葉に甘えて?夫と2人で出かけたのは美術館。帰りに大型ショッピングセンターに立ち寄る、という地味な内容だったが。

それでもちょこちょこと楽しいこともあった。お料理上手な友人の家でご馳走になったり、サッカー仲間とバーベキューをしたり、はたまたブログ友人とお食事をしたり。サッカーJ2の試合も見に行ったし、飲み会にも出席。こうして書き出してみると楽しい夏だったことが伺える。

例年、秋から年末に向かって時間は更にスピードアップして、怒涛のごとく流れていく。もう少し、瞬間瞬間を捉えながら、味わって過ごしたいものだ。古いカナダの友人と再会する予定もあるし、猛暑のために中断していた片付けも再開したい(あ、また地味な楽しみだ!)
by bake-cat | 2011-09-09 14:42 | ひとりごと

夏の出来事

この夏の暑さは永遠に続くかのように感じられたが、お盆が過ぎた頃から涼しくなり始めた。人間が暑い、暑いといっている間に、稲の穂は色づき始め、穂先が少しずつ頭を下げお辞儀をしているかのようある。今日は冷房を止め、久しぶりに窓を開けた。爽やかな風がカーテンを揺らしている。

出雲大社に出かけた翌日、国道で後続車から追突される事故に遭ってしまった。サッカーの練習を終えた下の子を連れて、夫と3人で隣町まで買い物に出掛かる途中だったのだが、赤信号の前で止まりかけた丁度その時に、ドカーンと大きな衝撃音と共に追突された。後ろの大きなバンパーのお陰で怪我はなかったが、追突してきた車の前方はぐちゃぐちゃにやられている。初めて携帯から110番通報をした。どのように応対するのか興味があったのが、思ったよりのんびりした受け応えだった。大事故などでは慌てて通報する人も多いのだろう。正しい情報を得るために冷静な態度が求められるが、それにしてものんびりした「隣のおじさん」風のしゃべり方だったのが印象的だった。追突した方の運転者は80歳の男性で、どうやらわき見運転をしていたらしい。事故に遭ったのは不運だったが、どちらにも怪我人がなく、特に揉め事も起こらずスムーズに後処理が出来たのは不幸中の幸い、というべきだろう。衝突した時の大きな音がいつまでも耳に残った。本当に何が起こるか分からないものである。

息子の夏休みはあと10日ほどになったが、自由研究と絵画、習字、そして作文がしっかりと残っている。今日の午前は習字を書いた。新しいTシャツを着ていたので、墨で汚さないよう注意すると、さっとTシャツを脱いしまった。上半身裸で背中をしっかり伸ばし、神妙な面持ちで筆を動かす姿は何か可笑しい。決して上手くはないが、どうにか書き終えたようだ。お盆が終わると、残された夏休みを謳歌しつつ宿題の追い込みに入るのはいつものパターンである。娘に話すと「私が作文と絵を書いたろうか?」と楽しそうに言う。2年前の絵の宿題はかなりの部分に娘の手が入り、どう見ても息子の作品ではない立派なものが完成した。そういえば私が小学生の時にも夏の宿題の工作が出来ずにぐずぐずしていたら、父が果物籠を使って器用に状差しを作ってくれた記憶がある。夏の宿題を真面目に取り組まず、家族がゲーム感覚で手伝うのは我家の伝統のようだ。

f0166114_15585035.jpg
先日訪れた出雲大社の近くには旧大社駅がある。木造の神社様式で作られたこの駅には懐かしい雰囲気が・・・何故か松本清張の小説を思い出した。
by bake-cat | 2008-08-20 16:13 | 一休み

夢のバカンス

f0166114_10144949.jpg
 西へドライブするとこんな風景が・・・・ 暑い夏は新緑の写真を見て涼みたい。

 
昨夜は子供達を自宅に残して、夫とスコットランドから来たお客様を連れていつものレストランで食事をした。楽しいひと時であった。上の子が17歳になり、私達も少しずつ出歩けるようになってきたことが嬉しい。夕方、あることで息子をきつく叱り、私は後味が悪かったのだが、娘が弟の慰め役になってくれた。でも息子は涙、涙で話が出来なかったらしい。

一緒に食事をしたのはエディンバラの女性とドイツ人の男性。男性は現在、ノルウェーに住みながら、エディンバラの女性と共同研究を進めている。こうして本や新聞やメディアの情報ではない、生の体験や声を聞き、情報を交換したり共有するのは楽しく、充実感がある。スコットランドとイングランドの話も面白かったが、ドイツの兵役制度の話は興味深かった。兵役の変わりに福祉関係の奉仕作業を選ぶことが出来るらしい。現在の日本で徴兵制度は考えられないシステムである。以前、安倍元首相が18歳の社会奉仕活動の義務化を提案していたが、その後その議論は聞かれない。もちろん、どの制度にしても良い面と悪い面があり、その一部分だけを見て断定することは難しい。しかしながら、昨今の日本人を見ていると、村社会の閉塞感に悩まされながら、社会の一員であるという連帯感が得られていないように感じる。ましてや若者にとって国という存在を実感することは更に難しい。ドイツの兵役制度がどのような意図を持って成されているかは分からないが(廃止されたという情報もあるがどうなのだろう)、それらの体験はドイツ人の若者にとってどういった足跡を残すのであろう。

それにしてもノルウェーのバカンスが5週間という話には溜息が出た。子供たちは学校の宿題もなく、フィヨルド海岸にあるロッジに出掛けるのが一般的なのだそうだ。あくせく働く日本人からみれば夢のような話である。でも福祉大国ノルウェーは40パーセントの税金を払い、消費税も高く、ガソリンは300円以上。教育費も医療もタダであるが、それを支える国民の負担は大きい。何が良くて何が悪いのか、ここでも簡単に色分けできない問題がある。何を選択し、何を犠牲にするか、ということか。と言いつつ、やはり日本人よく働くことを実感する。子供達の夏休みも近いが、「何もない」ということは不可能かしら、とずっと密かに思い続けている。「夏休みの友」もプリント学習も、絵画も習字も自由研究もラジオ体操もプール当番も何もない夏休み。でもそうなると、逆に子供は怠け放題になり、大人はイライラするのだろうか。どちらにしても私達に「休み」はない。フィヨルドを想像したり、イタリアの地図を見たり、はたまた沖縄の写真を見て小さく溜息をついている。すべては絵空事の世界かなあ。
by bake-cat | 2008-07-17 12:37 | ひとりごと