大晦日2011

f0166114_1810245.jpg
大晦日・・・残すところ6時間になって、やっとPCの前に座ることが出来た。

前回銀杏の写真をアップした後に雪が降り、本格的な冬がやってきた。今年はいつになくゆったりした一年だったが、そのツケが回ったように12月は忙しく、あっという間に最後になってしまった。そして昨日は久しぶりに長い時間台所に立ってお正月の料理をあれこれ作ってみた。この所、手の込んだ料理を作れなかった罪滅ぼしのためかもしれない。モチベーションを上げるために新しい料理の本も買った。

煮物がコトコト音を立て、なます用の酢のツーンとした匂いが台所中に広がる。ふと、昔読んだ新聞の投稿記事を思い出した。スイスに住んでいる日本人女性が投稿したものだったが、その人はスイス人と結婚した妊婦さんだった。つわりが酷く、何も食べられない日々の辛さが綴ってあった。そして日本から母親が来て、台所に立ってコトコト音を立てながら懐かしい日本食を作ってくれている夢を見たらしい。スイス人の夫はすき焼や豚カツなら作ってあげるよと言ってくれるが、その女性が食べたかったのは、細く細く切った大根のなますだった。同じヨーロッパでもパリのような大都会なら何でも手に入るが、スイスの小さな町には日本食の気の利いた店もない、と悲しそうに嘆いていた。とても印象に残った記事だったが、あれから20年以上が経った。記事の女性は今でもスイスに住んでいるのだろうか。


最後になりましたが、なかなか更新出来ないこのページを訪問して下さる皆さん、いつもありがとうございます。良いお年をお迎え下さい。

f0166114_18425913.jpg噺家でもないのに、座布団6枚とは・・・・
Commented by Yozakura at 2011-12-31 20:44 x
化け猫さま

 無沙汰しております。その後もお元気にて活躍されていらっしゃる模様で、何よりです。前回の書き込みから暫く日時が空いており、投稿を躊躇っていたのですが、ほんの数時間前に新しい日記を公開なさっていらっしゃるので、当地の年末の状況など報告致します。

 先ほど、午後7時頃、関東平野の中央部に位置する地元のスーパーへ赴いたところ、珍しや、鳥取県のアジや、長崎県のサザエなどが販売されており、直ちにゲッット!三月の大震災以来、地元の魚介類はなるべく食べない様に避けてきたのですが、これは遠く離れた西日本の海産物であり、別の話です。
 で只今、アジは紫蘇と貝割大根の微塵切りにおろし生姜を和えて叩きにし、白葡萄酒でチビチビと賞味しておる処です。
 アジの淡い桃色、紫蘇の鮮やかな深緑、そして下ろしたて生姜のツーーンと薫る山吹色が青磁の皿に映えて、まずまずの味わい。(以下、字数過剰のため、後半部に割愛致します。御寛容下さい。)
Commented by Yozakura at 2011-12-31 20:49 x
化け猫さま:承前

 そして電気オーブンでは、長崎県産の活きサザエが、刺身醤油に漬けられてジリジリと焼かれている処。少しづつ、少しづつ、電気を照射する時間を小刻みに区切りながら、ジリジリと焼き詰めているところです。
 こうすると、サザエの旨味を外部に逃がすことなく、手じかに引出せるので、楽しみです。

 数年前の貴ブログの正月特集記事では、確か、御亭主の鮮やかな包丁捌きによる日本海の海鮮料理、珍味の数々がが紹介されておりました。眺めておるだけでも、御馳走様でした。その節は、有益なる情報の開示、有難う御座いました。
 ただ、記事に添付された美麗な写真を眺め、徒に涎を垂らしているだけでは時間の浪費ですから、今日は、私自らも作ってみました。只今の処は、まずまずの出来栄えです。

 今年も面白く、そして楽しめる情報の提供、有難う御座いました。どうぞ来年も、御活躍下さい。御元気で。
 
Commented by bake-cat at 2012-01-01 17:05
Yozakuraさま、明けましておめでとうございます。
海の幸を丁寧にお料理され、堪能されているご様子が伺えました。香味野菜といただく新鮮なアジのたたきや、お醤油につけられたサザエの焼き物は本当に美味しくて、白ワインとの相性もバツグンですね。

Yozakuraさんもご存知のように、我家では大晦日に市場で魚を購入し、主人が捌くのが恒例となっています。ただ今回は数日前に忘年会で30人分の刺身を準備したばかりだったので、市場での買出しは取りやめになりました。先ほど、地元のスーパーでぶりやまぐろの柵を購入しましたので、今夜はお節料理と一緒にそれらをいただく予定です。
Commented by emilia2005 at 2012-01-02 02:41
新年明けましておめでとうございます。お正月らしい雪景色ですね。Yozakuraさんが仰っているあの記事の写真は、私の脳裏にもくっきりと焼きついて離れません。いつの日かばけねこさん宅に伺う機会があれば、ぜひその魚市場に御一緒させて下さいね。どの季節がお勧めでしょうか?御主人に裁き方のコツなども教えてもらえると嬉しいな。ええ、もちろん新鮮な海の幸の品々を堪能させて頂く魂胆であります(^^) 
Commented by bake-cat at 2012-01-02 17:19
エミリアさん、あけましておめでとうございます。
いつになく静かなお正月を迎えました。今年も宜しくお願いいたします。

主人は魚を捌くのが得意で、また海の幸が豊富な地域に住んでいますので、刺身には事欠きません。最近は中学生の息子も興味を持ち始め、父親から習っているようです。お陰で私はちっとも上手くなりませんが・・・・ 大きな魚市場は70キロ先にあって年末は大変賑わっています。地元のスーパーでもけっこう良い品が手に入りますので、助かっています。アジのように年中見かける魚と季節限定のものがあるようですが、いつか一緒に食べれたら良いですね!
by bake-cat | 2011-12-31 18:50 | 近況 | Comments(5)