お気に入り

f0166114_12365013.jpg


以前から好きな陶芸家の窯元に久しぶりにお邪魔した。職場から車で20分ほどだろうか・・・2年前に引っ越したという新しい工房を探してウロウロしたが、小高い丘の中腹にオレンジ色の素敵な建物が見えてきた。車を止め、工房とご自宅のある建物に通じる坂を上った。周りを大自然に囲まれた素晴らしい環境に心が躍る。大地のエネルギーを存分に吸収しながら創作活動を続けておられるのだろう。本当に心が洗われるような環境と空間。

中では窯出しを終えたばかりの陶器がたくさん並んだお部屋とアトリエを見せていただいた。美しく謙虚なカップや中皿たち、そして大胆な大皿、モダンな酒器や洒落た花器など。迷いながらもこの日は渋い色合いの中皿を2枚購入した。その後は奥様が入れてくださったお抹茶と和菓子を奥の和室でいただいた。本当に心が癒される時間だった。

この2枚のお皿は暫く我が家のダイニングテーブルの上で展示状態だったが、日常使いとして活躍し始めた。右のやや光沢のあるお皿は友人からいただいた「黒豆の枝豆」がとても映える。そして左の渋いお皿はどーんと麻婆丼をよそって豪快に食べてみた。

お気に入りのお皿は見る楽しみ、手にとって感触を味わう楽しみ、そして使う楽しみがブレンドされている。
Commented by リーサ at 2011-11-01 14:38 x
ばけねこさん、
右側の青光りのするお皿に惹かれます。
陶芸家の窯元に行かれるなんてていいですね。
そちらで、召し上がったお抹茶と和菓子の器も素敵だったのでしょうね。
Commented by bake-cat at 2011-11-03 06:50
リーサさん、ありがとうございます。
私の写真の撮り方が悪いですが、右のお皿は実際は深めの茶色で、けっこう光沢があります。
窯元ではさりげなく置いてあるもの全てが魅力的でした。お茶と菓子の器も素敵でしたよ。
by bake-cat | 2011-10-31 13:01 | 発見 | Comments(2)